シトラスリボン運動をご存知でしょうか。
愛媛県の松山大学、甲斐朋香准教授ら数人のグループが始めた、新型コロナウイルスに感染した人や医療従事者に対する差別をなくす運動です。
柑橘類をイメージしたシトラス色で三つの輪のあるリボンを身につけて、その賛同者であることを示します。
リボンの三つの輪は、家庭と地域と職場(あるいは学校)を表し、感染者が回復して帰って来る時に、その三つの現場で、笑顔で「ただいま」「おかえり」と言い合える関係を提唱します。
他者を非難するギスギスした関係は、コロナ禍が終息しても、きっと修復できない禍根を残し、感染の隠蔽など、コロナ禍との闘いを阻害こそすれ、資することはありません。

見えないウイルスへの恐怖がその根底にあるのだとしても、最前線でこのウイルス禍と戦って下さっている医療従事者やその家族への仕打ちは、なされるべきではありません。
感染者の人たちもまた、特効薬の無い病気にかかってしまった恐怖と、体調の悪化に苛まれながら、精神的にも救いの無い状況に追い詰められて仕舞います。

大阪大学の三浦麻子教授の調査によると、新型コロナウイルスに感染した人に対し、「本人のせいだ、自業自得だ」と考える人の割合が、アメリカでは5%弱、イギリスでは3%強、中国では10%弱なのに対し、日本では15%強と、世界でも突出しています。
「ウイルスに感染しないように注意しましょう」という呼びかけの裏には、「ウイルスに感染した人は不注意な人だ」という意識が潜んでいます。
しかし今では、誰しも、たとえ行動を慎み、注意万全だと思っていても、感染してしまう可能性は十分にあります。
感染した人は、手厚い看護と、いたわりのまなざしの中で養生すべきではないでしょうか。

紀三井寺は、シトラスリボン運動に賛同します。
今こそ、観音様の慈悲の心を胸に、互いにいたわり合う関係を育みませんか。
それは、コロナ後に新たな価値を生むはずです。
新型コロナウイルスに感染した人や医療従事者、その家族・濃厚接触者への差別と偏見、誹謗中傷、いじめをやめましょう。

シトラスリボンの作り方

access

公共交通機関でお越しの方

【京阪神・関西航空方面より】
JR線
和歌山駅より紀勢本線(きのくに線)乗り継ぎ、普通電車南方面へ
2駅目紀三井寺駅下車。徒歩10分
【南海電鉄】
和歌山市駅より和歌山バス海南方面行き乗車
紀三井寺バス停下車。徒歩10分
【高野山方面から】
高野山-橋本(JR和歌山線)乗り換え、和歌山駅下車。約2時間20分
【新宮・那智・勝浦方面から】
新宮-那智-勝浦(JRきのくに線)-海南駅(乗り換え)
-紀三井寺駅下車。約4時間

お車でお越しの方 駐車場のご案内

【大阪から】
阪神高速または近畿自動車道阪和自動車道を利用し、※和歌山ICまたは※和歌山南IC(スマートICにつきETCのみ)で下りる。
【関東方面から】
東名・名神高速道路を経由し吹田ICで、近畿自動車道、阪和自動車道へ乗り継ぎ、※和歌山ICまたは※和歌山南IC(スマートICにつきETCのみ)で下りる。
【九州・中国方面から】
中国自動車道などを利用し吹田ICで、近畿自動車道、阪和自動車道へ乗り継ぎ、※和歌山ICまたは※和歌山南IC(スマートICにつきETCのみ)で下りる。
※和歌山ICからは、高速を下り、宮街道を和歌山市内方向へ進みJRの高架下をくぐり、田中町交差点を左折し国体道路を約4km。
※和歌山南ICからは、高速を下り右折し、小雑賀交差点を左折。国体道路を南へ約1.7km。 【串本・白浜方面から】
国道42号線を和歌山方面に北上し、湯浅御坊道路、海南湯浅道路、阪和自動車道を進み海南ICで下り、国道42号線を和歌山市方面に北上。

〒641-0012 和歌山市紀三井寺1201

TEL.073-444-1002

FAX.073-444-3678

Copyright © kimiidera temple. All rights reserved.